シノケンにはデイサービスもある

不動産だけでなくデイサービスも行っている

シノケングループと言えば、土地や資金が少なくてもアパート経営が始められるとして、CM等でも認知度の高い不動産業者です。しかし、デイサービスを行う会社もあるのです。株式会社アップルケアという会社で、訪問介護、居宅介護支援、デイサービスを行っている会社です。

・真心と誠実さを持って謙虚な心でご利用者様に接し、自立支援のために高度なサービスを提供する。
・ご家族の皆様に安心していただけるように万全の管理体制でのぞみ、ご利用者様の安心を創造する。
・関連するすべての人々の幸せを確保するために誠意を持って会社を運営し、地域社会に貢献する。
の3つを企業理念として業務を行っています。
本社は東京にあり、東京と福岡にサービスセンターとケアプランセンターがあります。直接の親会社は、グループの株式会社シノケンウェルネスとなっています。グループホームの経営を行う株式会社フレンドも同様に連結子会社となっています。

アップルケアのこれまでの実績とは

これまでの実績としては、一般住宅内でのケアとなる高齢者見守り住宅が200世帯、サービス付き高齢者向け住宅は3カ所あり、302世帯となっています。障がい者居宅介護が20世帯となっています。

訪問介護は、高齢者の方を中心に自宅に訪問して身体の介護や生活の援助を行うサービスで、24時間365日のフルサポートとなっています。少子高齢化が進む国内ではこういったサポートは、これからもより重要になってくるのではないでしょうか。

デイサービスは、要介護や要支援の認定を受けた方が対象となりますが、レクリエーション、入浴、食事といった様々なサービスを提供するとのこと。サービスを受けることで、体力の「維持や向上を目指し、より長く在宅で自立した生活を可能にしようとする支援だといいます。
高齢になるとなかなか外出もままならなくなってしまいますが、こういったサービスをうけることで少しでも外出し、気分転換にもつながっていくのではないでしょうか。また、介護を行っている家族の身体的負担や精神的負担を軽減することが出来るという点もあるでしょう。

アップルケアのスタッフ

アップルケアに在籍するスタッフは、全員が有資格者となっているようです。介護福祉士、ヘルパー2級、看護職員といったスタッフがいるので安心して任せられるのではないでしょうか。
不動産を中心に事業を行っているシノケングループからすれば、少しイメージが異なるかもしれません。株式会社シノケンウェルネスが中心となって、東京、福岡でこういった事業を展開しているということもひとつの情報として知っておいてもよいかもしれません。これからますます重要となってくる事業になりそうですよね。