評価の高いシノケンのアパート経営

不動産投資に特化した企業

アパート経営というとすぐにイメージされるのがシノケングループという人も多いのではないでしょうか。日本全国というわけではありませんが、CM等も放送されていますし、アパートの着工棟数も年間で国内1位を記録しています。それを4年連続で続けているわけですから、アパート経営等の不動産投資に興味がある人は知っていて当然なのかもしれません。

1990年に株式会社シノハラ建設システムとして創業して以来、不動産投資に特化した業務を行ってきており、現在では30年の実績とノウハウがあるのです。さらには、以前であれば、不動産投資は土地や資金をもっている人のものだったイメージが、土地や資金を持たない一般的なサラリーマン等でもアパート経営を可能にしているのです。

本社は東京と福岡

創業時は福岡本社だったようですが、現在は2000年に開設した東京支店を東京本社として、2本社制に移行しています。というのも、新しく会社を興し、業務を譲渡する形でいろいろな業務を子会社に任せる形をとっており、完全な持ち株会社として事業を行っています。シノケングループとしては、現場での業務はなく、子会社で行い、その統括をしているのです。

アパートに関しての販売等の業務はシノケンプロデュースが行っているのですが、その評価は高いといいます。不動産投資に求めるニーズが時代とともに変わってきているというのもその一つの要因となっているのではないでしょうか。

不動産投資の目的の変化

以前であれば、不動産投資は転売による売却益が目的となっていました。土地ころがしとも呼ばれ一晩で財を築けたバブル期のような時代もあったのです。そのバブルも崩壊し、目的も変わってきているのです。以前の売却益ではなく、運用益が目的となってきているのです。

シノケンは創業当時から運用益を考えたアパート経営の提案を行い、アパートの販売を行っています。もちろん、投資の目的は人それぞれなのですが、アパート経営であれば、入居率が高ければ安定した収入が期待できるのです。高い入居率が見込める物件のみを販売することで、その実績とノウハウが積み上げられているといえるでしょう。

結果として、シノケンのアパート経営はオーナーには高評価となっているのようです。アパート経営においては、明確な目的を設定することで、どういった物件をいくらくらいで運用していくかが見えてくるものです。まずは、目的を明確にしておくと成功しやすいのかもしれません。