なぜシノケンが選ばれるのか

年間着工棟数全国1位の実績

1990年に創業したシノケングループは、アパート経営においては国内でも有数の大手の不動産業者です。CMでも流れており、その認知度はかなり高いのではないでしょうか。もちろん、本社や営業所のあるエリアは限られていますし、CMの流れていないエリアもあるので、全国的というわけではありません。しかし、本社のある福岡、東京ではユーザー数もかなり多く、その人気が伺えます。

なぜ、シノケンのアパート経営が選ばれるのでしょうか。不動産投資は様々な企業が行っています。さらに言えば、シノケンでアパート経営を行っている人の多くは、サラリーマンや公務員といった土地はおろか、資金もそれほどもっていない人が割合で言えば9割ほどとなっているのだそうです。

独特なアパート経営

土地無し、資金無しでどうやってアパート経営をするのか。ということになるのですが、基本はローンを使用することになります。そのローンの返済を家賃収入で行っているのです。これが可能になれば、ローンの返済といった負担はなくなることになりますし、物件の価値が下がってしまったとしても土地がまるまる資産として残ることになるのです。

また、ローンを組む際に団体生命保険に加入することになりますから、ローンの返済が残っているときにもしものことがあっても、アパートとその土地は家族に遺すことが可能になるのです。
こういった特徴があるため、土地や資産がなくてもアパート経営が可能になっているのだそうです。さらには、これまでの実績があることで、金融機関でのローンの審査も比較的通りやすいといった傾向があるようです。それも加わることで、シノケンのアパート経営はサラリーマンや公務員に人気となっており、若くしてアパート経営を始める人が多いのでではないでしょうか。

安定した家賃収入

ローンの返済を家賃収入で行うためには、収入が安定して毎月の返済額以上なければなりません。これは、入居率が高いまま持続させなければなりません。空室が増え入居率が下がると、ローンの返済額を家賃収入が下回ってしまい大きな負担となってしまいます。
しかし、シノケンのアパートでは入居率の高さも特徴となっているのだそうです。
これは、条件のよい土地のみに限定してアパートを建築しているからだといいます。アパートを探している人のツボを押さえた物件となっているため、高い入居率で経営ができているようです。利便性の良い土地であれば、そこに住みたいと思う人は多くなりますよね。