不動産だけでなくデイサービスも行っている

シノケングループと言えば、土地や資金が少なくてもアパート経営が始められるとして、CM等でも認知度の高い不動産業者です。しかし、デイサービスを行う会社もあるのです。株式会社アップルケアという会社で、訪問介護、居宅介護支援、デイサービスを行っている会社です。

・真心と誠実さを持って謙虚な心でご利用者様に接し、自立支援のために高度なサービスを提供する。
・ご家族の皆様に安心していただけるように万全の管理体制でのぞみ、ご利用者様の安心を創造する。
・関連するすべての人々の幸せを確保するために誠意を持って会社を運営し、地域社会に貢献する。
の3つを企業理念として業務を行っています。
本社は東京にあり、東京と福岡にサービスセンターとケアプランセンターがあります。直接の親会社は、グループの株式会社シノケンウェルネスとなっています。グループホームの経営を行う株式会社フレンドも同様に連結子会社となっています。

アップルケアのこれまでの実績とは

これまでの実績としては、一般住宅内でのケアとなる高齢者見守り住宅が200世帯、サービス付き高齢者向け住宅は3カ所あり、302世帯となっています。障がい者居宅介護が20世帯となっています。

訪問介護は、高齢者の方を中心に自宅に訪問して身体の介護や生活の援助を行うサービスで、24時間365日のフルサポートとなっています。少子高齢化が進む国内ではこういったサポートは、これからもより重要になってくるのではないでしょうか。

デイサービスは、要介護や要支援の認定を受けた方が対象となりますが、レクリエーション、入浴、食事といった様々なサービスを提供するとのこと。サービスを受けることで、体力の「維持や向上を目指し、より長く在宅で自立した生活を可能にしようとする支援だといいます。
高齢になるとなかなか外出もままならなくなってしまいますが、こういったサービスをうけることで少しでも外出し、気分転換にもつながっていくのではないでしょうか。また、介護を行っている家族の身体的負担や精神的負担を軽減することが出来るという点もあるでしょう。

アップルケアのスタッフ

アップルケアに在籍するスタッフは、全員が有資格者となっているようです。介護福祉士、ヘルパー2級、看護職員といったスタッフがいるので安心して任せられるのではないでしょうか。
不動産を中心に事業を行っているシノケングループからすれば、少しイメージが異なるかもしれません。株式会社シノケンウェルネスが中心となって、東京、福岡でこういった事業を展開しているということもひとつの情報として知っておいてもよいかもしれません。これからますます重要となってくる事業になりそうですよね。

エネルギーや介護の業務

シノケングループといえば、CMの影響もあるのかもしれませんが、アパート経営やワンルームマンションの経営といったイメージが強いのではないでしょうか。実際にアパート建築棟数では、4年連続で全国1位を獲得していたりもしますよね。
しかし、多くの子会社を抱えるグループ企業として、様々な事業を行っているのです。その一つがエネルギー事業であり、ライフケアの事業なのです。エネルギーに関しては、アパートやマンションに供給するエネルギーということもあり、無関係というわけではありませんが、ライフケアに関しては、施設の建築はあるにしても、グループホームの経営や介護スタッフの派遣といったことは不動産とはかけ離れたものであるといえるのではないでしょうか。

電力やガスの供給

アパートやマンションも含め、住宅で生活する上において大切になるのが、エネルギーです。これがなければ家電も給湯もできなくなってしまいます。ガスに関しては、オール電化であれば必要なくなりますが、電力はなくてはならないものといえるでしょう。
その電力やガスを小売しているのがグループ企業である株式会社エスケーエナジーです。とはいえ、ほとんどはグループ企業が販売、管理するアパートやマンションに対してのガスや電力といったエネルギーの提供となっています。特に電力に関しては、自由化によって小売りが可能になってからということもあり、全ての子会社で行われているわけではありません。LPガスに関しては、本社を含め、連結子会社で小売りが行われています。

シノケングループのグループ会社の管理するアパートやマンションの管理物件は、ほとんどが主要都市ということもあり、都市ガスも選択肢にはいりますが、グループ企業でLPガスの小売りをしているということもあり、ガスは都市ガスでなく、企画時からLPガスが前提となっているのかもしれません。

シノケンの採用情報を見てみる

ライフケアの事業

シノケングループでは、電力やガスの小売とは別に、ライフケアの事業も行っています。株式会社シノケンウェルネスという子会社が中心となり、連結子会社の株式会社アップルケア、株式会社フレンドが業務を行っています。これらの企業を傘下に迎えたのが2015年、2016年のことなので、最近のことといえそうです。
アップルケアでは、訪問介護や居宅介護支援、デイサービスが行われており、障がい者や高齢者のサポートを行っているそうです。
フレンドでは、グループホームの経営を行っていて、大阪、東京、福岡にいくつかのホームを運営しているといいます。
少子高齢化の進む現代では、これからもっと重要になる事業であり、サービスであるのかもしれません。

アパート経営と言えば?

近年はサラリーマンでもできるアパート経営ということで、CM等もよく放送されているので、シノケンを知っている人も多いのでしょうか。アパート経営においては大手の業者ということもあり、利用者も増えてきているのだそうです。その結果が、アパート建築棟数全国1位ということになります。しかも、4年連続ということですから、並大抵ではありません。

高い入居率の理由

シノケンのアパートはその入居率の高さがひとつの特徴となっています。入居率が高いからこそ、安定した収益が見込めるようになります。その要因はいくつかあります。

まず、駅から10分圏内という点、周辺の商業施設や公共施設の有無といったように、利便性の高い場所に土地を購入し、アパートを建築しているといいます。

さらに、近年人気となっているデザイナーズ物件であるということ。1棟ごとにその土地の特長を活かした造りとなっていて、同じアパートがないのです。設備も時代のニーズに合わせてウォシュレットやWiFiの環境など、しっかりと用意されているのです。これは、入居者に行っているアンケートの効果といったところなのかもしれません。

シノケンに対する様々な評判

シノケンに限らず、どんな企業であっても様々な評判があります。良いうわさもあれば、悪いうわさもあります。しかし、悪いうわさは嘘であってもすぐに広まるのに対して、良いうわさというのはなかなか広まらないのが現状です。特にネットの情報に関しては、真偽に関係なく広まるということもあるのであまりあてにならないものも多いかもしれません。
真の評判が知りたければ、知人で利用者がいたり、入居者がいれば、聞いてみるのが一番かもしれません。実際に入居してみるというのも一つの方法です。しかし、入居率が高いため、空室が見つからないということもありそうです。

年間着工棟数全国1位の実績

1990年に創業したシノケングループは、アパート経営においては国内でも有数の大手の不動産業者です。CMでも流れており、その認知度はかなり高いのではないでしょうか。もちろん、本社や営業所のあるエリアは限られていますし、CMの流れていないエリアもあるので、全国的というわけではありません。しかし、本社のある福岡、東京ではユーザー数もかなり多く、その人気が伺えます。

なぜ、シノケンのアパート経営が選ばれるのでしょうか。不動産投資は様々な企業が行っています。さらに言えば、シノケンでアパート経営を行っている人の多くは、サラリーマンや公務員といった土地はおろか、資金もそれほどもっていない人が割合で言えば9割ほどとなっているのだそうです。

独特なアパート経営

土地無し、資金無しでどうやってアパート経営をするのか。ということになるのですが、基本はローンを使用することになります。そのローンの返済を家賃収入で行っているのです。これが可能になれば、ローンの返済といった負担はなくなることになりますし、物件の価値が下がってしまったとしても土地がまるまる資産として残ることになるのです。

また、ローンを組む際に団体生命保険に加入することになりますから、ローンの返済が残っているときにもしものことがあっても、アパートとその土地は家族に遺すことが可能になるのです。
こういった特徴があるため、土地や資産がなくてもアパート経営が可能になっているのだそうです。さらには、これまでの実績があることで、金融機関でのローンの審査も比較的通りやすいといった傾向があるようです。それも加わることで、シノケンのアパート経営はサラリーマンや公務員に人気となっており、若くしてアパート経営を始める人が多いのでではないでしょうか。

安定した家賃収入

ローンの返済を家賃収入で行うためには、収入が安定して毎月の返済額以上なければなりません。これは、入居率が高いまま持続させなければなりません。空室が増え入居率が下がると、ローンの返済額を家賃収入が下回ってしまい大きな負担となってしまいます。
しかし、シノケンのアパートでは入居率の高さも特徴となっているのだそうです。
これは、条件のよい土地のみに限定してアパートを建築しているからだといいます。アパートを探している人のツボを押さえた物件となっているため、高い入居率で経営ができているようです。利便性の良い土地であれば、そこに住みたいと思う人は多くなりますよね。

不動産投資に特化した企業

アパート経営というとすぐにイメージされるのがシノケングループという人も多いのではないでしょうか。日本全国というわけではありませんが、CM等も放送されていますし、アパートの着工棟数も年間で国内1位を記録しています。それを4年連続で続けているわけですから、アパート経営等の不動産投資に興味がある人は知っていて当然なのかもしれません。

1990年に株式会社シノハラ建設システムとして創業して以来、不動産投資に特化した業務を行ってきており、現在では30年の実績とノウハウがあるのです。さらには、以前であれば、不動産投資は土地や資金をもっている人のものだったイメージが、土地や資金を持たない一般的なサラリーマン等でもアパート経営を可能にしているのです。

本社は東京と福岡

創業時は福岡本社だったようですが、現在は2000年に開設した東京支店を東京本社として、2本社制に移行しています。というのも、新しく会社を興し、業務を譲渡する形でいろいろな業務を子会社に任せる形をとっており、完全な持ち株会社として事業を行っています。シノケングループとしては、現場での業務はなく、子会社で行い、その統括をしているのです。

アパートに関しての販売等の業務はシノケンプロデュースが行っているのですが、その評価は高いといいます。不動産投資に求めるニーズが時代とともに変わってきているというのもその一つの要因となっているのではないでしょうか。

不動産投資の目的の変化

以前であれば、不動産投資は転売による売却益が目的となっていました。土地ころがしとも呼ばれ一晩で財を築けたバブル期のような時代もあったのです。そのバブルも崩壊し、目的も変わってきているのです。以前の売却益ではなく、運用益が目的となってきているのです。

シノケンは創業当時から運用益を考えたアパート経営の提案を行い、アパートの販売を行っています。もちろん、投資の目的は人それぞれなのですが、アパート経営であれば、入居率が高ければ安定した収入が期待できるのです。高い入居率が見込める物件のみを販売することで、その実績とノウハウが積み上げられているといえるでしょう。

結果として、シノケンのアパート経営はオーナーには高評価となっているのようです。アパート経営においては、明確な目的を設定することで、どういった物件をいくらくらいで運用していくかが見えてくるものです。まずは、目的を明確にしておくと成功しやすいのかもしれません。